レンタル収納

みなさんは、今流行の「レンタル収納」をご存知ですか?家の中に収納しきれないものは、「レンタル収納」を利用してみましょう。どうやって借りるの?安全性は?など、分からないことも多いと思います。ここでは、快適な収納生活のために役立つ「レンタル収納」について紹介することにしましょう。

預ける収納

部屋は散らかっているけど片付けられないという人の多くは、単に片付け下手というだけでなく、収納スペースが足りない…と悩んでいたりします。どれほどの収納スペースの面積があって、そこにどれだけのものを納めることができるか?これが、最大のポイントとなるでしょう。特にマンションや集合住宅に住んでいる人は、どうしても収納スペースが限られてしまいます。室内で広く快適な空間を確保するために、できることなら物であふれかえっしまうような事態は避けたいですよね?そんなとき、オススメなのが「預ける収納」です!めったに使わないけれど、どうしても捨てられないものは「預ける収納」を試してみませんか?今は、使わないものは家の中ではなく、別の場所に収納しておく時代ですよ。その「預ける収納」が「レンタル収納」と言われるものです。多くは最低の利用期間を1ヶ月としています。次の項目では、「レンタル収納」というシステムの特徴を説明していきましょう。

「レンタル収納」とは?

必要なものを必要な分だけ買って、なるべく物を増やさないといったエコ生活を心がけている人が多い近年、「レンタル収納」が注目を集め始めています。これを受けて、「レンタル収納スペース」を提供する業者がたくさん出てきました。この「レンタル収納スペース」は、その名のとおり収納スペースをレンタルするサービスで、おもに不動産系の賃貸業者が運営しています。特徴としては、預けられた荷物に対する責任は負わないことが挙げられます。預けるというよりは、本当に別の場所に収納しておくという感じで、保険をかけるほどたいそうな物ではないけれど、好きなときに出し入れができたら…そんなときに役立つでしょう。

今注目のトランクルーム!

もう一つ、最近よく見かけるようになったのがトランクルーム。トランクルームには荷物を預けてしまうタイプと、収納スペースを借りるタイプに分けられます。このトランクルームは、おもに倉庫業者が運営していますが、2タイプはそれぞれ違った特徴を持っています。前者は預けられる荷物に対して、業者が一定の責任を負います。なので、頻繁に出し入れはしないけれど、大事に保管してくれているという安心感が生まれます。一方、後者は人気急上昇中です。業者は収納スペースを貸し出すだけ。あとの荷物保管は利用者の自己責任になります。収納スペースの広さは約1m2から約10m2以上と様々で、値段も数千円~数万円で、24時間いつでも荷物の出し入れができます。その使い勝手のよさが人気を呼んでいるんですね。

「レンタル収納」やトランクルームの安全性

家とは別の場所に物を収納するときに心配なのが、安全性ではないでしょうか。「レンタル収納を利用したら、物がなくなってしまった…もし、そうなったら大変です。有人警備の場合は、入り口で身分証明書を見せなければなりません。場合によっては、担当者が出し入れの際に立ち会うことも。無人警備でもほとんどがダブルロックになっています。出入口にセキュリティーを完備していて、業者から渡されたカードキーで入ります。各個室には鍵も付いています。また、安全性を示すものとして、以下のようなマークが付けられています。

レンタルスペースの場合

「推奨レンタル収納スペース」はレンタル収納スペース推進協議会が推奨するマークです。荷物を収納するためのスペースが安心・安全なサービスを提供していると認められた施設に与えられます。

トランクルームの場合

「優良トランクルーム」は、倉庫業法に基づいて、建物や設備、管理、運営など様々な条件をクリアーしたトランクルームで、国土交通省が優良と認定した施設に与えるマークです。




PAGE TOP