トイレ

一日のうちに何度も行く場所といえば、トイレ!もしかしたら、一番頻繁に行く場所かもしれませんね。狭い空間を無駄なく利用して少しでも広く見せ、使い勝手をよくすることが大事です。来客時なども恥ずかしくないように、日頃から収納に気を配る必要があります。トイレの収納術を説明しましょう。

トイレは手をつけやすい場所

トイレは空間が狭いですし、収納物の種類も比較的少ないので、片付けやすい場所と言えます。面倒だなぁ~という気持ちはあっても、一日に数回トイレには必然的に行くことになります。なので、行ったついでに片づけを済ますことができます。収納下手な人でも、トイレなら気軽に始められるでしょう。収納のポイントは、消耗品と掃除グッズに分けて、それぞれをまとめることです。


なかには用をたすためだけの場所ではなく、新聞やマンガを読んだりして、くつろぎの場所としてトイレを好む人もいると思います。そうなると、なおさら心地の良い空間をつくる必要がありますね。

トイレの収納術

さて、トイレの収納術を紹介していきましょう。

収納棚を使う

トイレットペーパーや生理用品、カット綿など消耗品のストックは、天井近くの棚に収納しておきましょう。多くの家のトイレには、天井近くに収納棚が付いています。カゴなどに入れておくか、そのまま収納してものれんなどで目隠しすれば、ゴチャゴチャしません。ただ、入れすぎには注意しましょう。棚自体が天井に近いため、詰め込みすぎは圧迫感を感じますし、必要なものを出しにくくなります。必要最低限のものだけを入れるようにしてください。また、棚の耐荷重と収納物の量をよく考えるようにしましょう。

収納ボックスを使う

トイレ内には、掃除グッズも収納しておく必要があります。トイレの隅に収納ボックスを一つ置いて、その中に消臭剤やお掃除シート、洗剤などのストックを入れましょう。このとき、引き出しや扉付きのものなど中身の見えないボックスを選ぶことをオススメします。

そのボックスのそばに、くずカゴやお掃除ブラシなどを一緒に置いておきましょう。

天井近くに棚がなかったら?

上の項目で、多くの家のトイレに収納棚が付いていると書きましたが、なかには付いていないところもあります。収納棚が付いていない場合は、市販の突っ張り棚を使うといいですよ。取り付けも簡単なので、すぐに使い始めることができます。突っ張り棚は、100円ショップやホームセンターなどで売っているので、棚がなくて困っている人は試してみてください。


もともと付いている収納棚は高い位置のことが多く、背の低い人はなかなか届かないのではないでしょうか。私の母も普通に手を伸ばしただけでは届かないので、一生懸命背伸びをして、目当ての物を取り出しています。そんなときは、手の届く高さに新たに棚を取り付けてしまってもいいと思います。比較的頻繁に物の出し入れ、掃除するトイレなので、楽に出し入れできるような収納術を身に付けましょう。

トイレの掃除スケジュール

トイレ内がきれいに片付いたら、掃除のスケジュールも見直してみることにしましょう。一口にトイレ掃除と言っても、部分によって掃除のタイミングが異なるので、コツをおさえて効率的に掃除をこなしていきましょう!


まずは、便器。基本的に毎日掃除します。便座や便器の外側は毎朝、トイレットペーパーまたはお掃除シートでひと拭きする習慣をつけましょう。さらに、便器の内側やフタ、床、水タンクなどは週に一度くらいで十分です。こういった部分はお掃除シートや洗剤を使って汚れを落としましょう。たったこれだけのことを習慣づけて、用途別にトイレ用品をまとめるだけで清潔なトイレが保たれます。


PAGE TOP