リビング

みなさんの家のリビングにも、色んなものが溢れていると思います。置いてある物の種類が多い分だけ、収納も大変な作業になるでしょう。ある程度の広さがあって、物も多いリビングの収納は順序立てて行うことが大切です。ここでは、リビングの収納のポイントについて説明していきましょう。

リビングの隠す収納と見せる収納

リビングは家族みんなが集まる場だったり、時にはお客さんを通すこともありますよね。私たちが過ごす時間が長く、人目につきやすい場所でもあるリビングは、いつもキレイに片付けておきたいものです。とはいっても、リビングの収納物は数が多いのが悩みの種…。


家具やAV機器、文房具などの小物など数が多いだけでなく、リビングにあるものは種類も豊富です。なので、隠す収納と見せる収納をはっきり分けたほうが、キレイに見えるでしょう。

細かいもの

まずは、文房具などの細かいものから収納していくようにしましょう。引き出しの中にしまうといいですね。その中に仕切りをつけると、より物が取り出しやすくなります。小物は、できるだけ1ヶ所にまとめておくほうが散らかりません。すぐ目について、手が届きやすい場所に収納しておけば、片付けも面倒にならないのではないでしょうか!?

大きなもの

テレビやオーディオなどのAV機器は頻繁に使うものなので、みんなが使いやすい位置を考えながら置きましょう。リビングボードの中に納めるとコンパクトになり、ホコリもかかりません。さらに、リビングといえば、家具もポイントの一つですよね。ソファーなどの大型家具は色々と飾り立てることができるため、見せる収納のヒントにもなるでしょう。

ライフスタイルを考えた収納

椅子中心の生活に変わってきた今、収納方法も変わってきています。一方で椅子中心の生活をするつもりが、気がついたら床座することのほうが多くなっていた…という人もまだまだいるのではないでしょうか。ライフスタイルに合わせた収納を考える必要があります。ちなみに、床座生活の場合は、座ったままで簡単に手が届く高さに収納するといいでしょう。自分たちのライフスタイルを見直して、手軽にできる収納を心がけてみてください。第一に使い勝手、その次に見た目を気にしましょう。これは、リビングだけでなく、ほかの部屋の収納に関しても言えることです。

かさばる物の収納術

私自身は、新聞やチラシを自宅のリビングで一番散らかしてしまいます。新聞やチラシ、雑誌、本などは思った以上に重たく、かさばるため、しっかり収納スペースを確保したいものです。最近は家族みんなの読書スペースとして、リビングに本棚を置いている家庭も見られます。このほか、その読書スペースにラックなどを置いて、新聞や雑誌を収納するのもいいかもしれません。できれば、新聞は新聞、雑誌は雑誌などというように種類別に収納すると、より片付けやすくなるでしょう。

家具と収納

リビングには家具が付き物ですが、家によって置き家具と造り付けの家具があります。造り付け家具のほうが、置き家具に比べて部屋の空間を広く、有効に使うことができます。リビングボードなどの収納家具を使うと、テレビなどの大きなものもスッキリ収納できていいですね。なかには、少しでも空間を広く使おうと壁掛けテレビを選ぶ人もいます。また、今注目されているのがソファーに変身する布団カバー!布団を入れると、あっという間にソファーに早変わりしてしまう、超便利なアイテムです!ソファーも置けて、さらに布団も収納できるので、特に狭い部屋には適しています。ソファーやテーブルなどとのコーディネートも考慮しながら、リビングの収納を検討してみてください。


PAGE TOP