玄関

玄関は、その家の顔とも言うべき場所です。家族だけではなく、いろんな人が訪れるスペースでもあります。狭いスペースに物がたくさん…これが玄関収納の難点ではないでしょうか。乱雑な印象を与えかねない玄関収納ですが、すっきり見せるにはどうすればいいでしょう?収納のポイントを紹介したいと思います。

玄関の収納術

玄関は靴などの履き物をはじめ、傘、コートなど狭い空間に多くの物を収納しなければなりません。季節によって使わない靴やコートはどこか別の場所に収納したり、頻繁に使わないスポーツ用品などは玄関近くの階段下のデッドスペースなどを利用すると、玄関収納をより有効に使えます。玄関が狭くて思うように収納スペースが確保できない場合は、壁面に収納部を設けるといいですよ。扉の色や素材も壁と同じようなものにすると空間が広く感じられます。そのほか、玄関収納の高さを低くすることで、その上に花瓶を置いたりして飾ることができます。外で使う物を多く収納するため、人によっては玄関に汚いイメージを持っている人もいるでしょう。そんなときに、気分がリフレッシュされるような花や置き物などがほんの少しあるだけで、玄関全体の雰囲気が変わりますね。

玄関の収納物リスト

ここで、玄関に収納する一般的な物を簡単にまとめてみました。私が思いついた物を挙げているだけなので、それぞれの家で収納物の内容は変わってくると思います。また、物置がない場合は車用品なども玄関に収納することになります。逆に物置がある場合は、スポーツ用品は玄関ではなく、そっちにしまうことをオススメします。さらに、荷物受け取り用のハンコなんかも玄関に置いておくと便利でしょう。ただ、小さな物なので、なくさないように気をつけてください。

身に付ける物靴・スリッパ・コート・雨具など
日用雑貨傘立て・キーケース・ペット用のリード・子供用の遊具・ベビーカー・買い物カートなど
スポーツ用品スキー用品・ゴルフバッグ、テニスのラケットなど

シューズインクローゼットを活用!

一般的なマンションや集合住宅などは、狭い玄関がほとんどです。そういったところの多くは、シューズインクローゼットが設けられています。このシューズインクローゼットはシューズインクロークとも呼ばれ、玄関に設けられた床から天井までの扉付き収納スペースのことをいいます。ここには、上の項目で紹介したような様々な収納物をしまうことができます。シューズインクローゼットの扉の内側まで上手に利用すれば、かなり大容量の収納になります。よく使う物は下の段、めったに使わない物は手の届きにくい上の段というように分けて収納しましょう。扉を閉めていれば人目に触れないからといって、くれぐれも入れすぎには注意してください。

広い空間を演出するアイテム

シューズインクローゼットを上手に活用する以外に、玄関を広く見せるためには照明や鏡も重要なポイントです。実際には狭くても、広く見せる工夫をして、落ち着いた空間を作り出すようにしましょう。

照明

まず、玄関の照明は特に来客時、大事な役割を果たします。お互いの顔がよく見えるようにする必要があります。なるべく上がりまちの真上に付けるようにしましょう。さらに、できるだけ明るいものを選ぶことで、狭さを感じさせないようにできますよ。

このほか、鏡も部屋を広く見せるアイテムとして知られています。鏡を置く場所としては、玄関が向いているでしょう。できれば、全身チェックができる姿見のような少し大きめの鏡があると、なお良いですね。もし可能なら、玄関ドアの窓ガラスや明かり取りなどから入る光を反射させれば、広々感を得られます。


PAGE TOP