子供部屋

子供部屋は毎日掃除しているにもかかわらず、気付けば散らかり放題になっていることが多いですね。「散らかすのが子供の仕事だから」と諦めている親御さんもいるのではないでしょうか。おもちゃや本、衣類など様々なタイプの物に合った収納が必要です。親も掃除しやすく、子供の使いやすい…そんな収納術を紹介しましょう。

子供部屋の収納術

着替え、勉強、遊び、睡眠…子供は、自分の部屋で様々なことをします。そのため、子供部屋には衣類、学習家具、おもちゃ、本、寝具などの収納場所が必要になります。子供が小さなうちは特に散らかりやすく、また子供が成長するにつれて物が増えたり、部屋の使い方も変化していきます。そのため、その時々に合わせた収納術を知っておかなければなりません。クローゼットの内部を可動式にしたり、家具のデザインなどは大きくなってからでも使えるようなものにしましょう。子供部屋ならではの収納物として、おもちゃが挙げられます。おもちゃの収納には、キャスター付きのボックスがオススメです。その他の小物などは専用棚を用意することで、整理整頓の習慣が付くようになるでしょう。

上手に収納するためのコツ

上の項目でも触れたように、小学校へ上がる年齢になると、子供は部屋で遊ぶほかに勉強もするようになります。そうなると、遊び道具のほかに、勉強道具もどんどん増えていくでしょう。物の種類が増えていけば、子供部屋が物であふれかえってしまいます…。あまりにも物が多すぎると、気が散ってしまう原因になりかねません。子供部屋は、子供にとって良い環境である必要があります。そういった環境づくりのためには、勉強のコーナーと遊びのコーナーの収納をしっかり分けることが重要です。そうすることで、落ち着いて集中しやすい環境になると思います。

子供がすすんでやる収納

「自分からすすんで片付けてほしい…」これが、親御さんの願いでしょう。子供がすすんで片付けるようになるには、まず親の手助けが必要です。子供が自分のものを収納しやすいようにすることが大切になります。子供にもできる収納術のコツを見てみましょう。ちなみに、「収納ボックス」について詳しくは別ページで紹介しているので、そちらをご覧ください。

収納物の分類

収納物を分類しましょう。ここで気をつけなければいけないのは、必ず一つのボックスに一種類にすること!仕切りをつけたボックスを使う方法に比べて、子供でも簡単に収納作業を進められます。絵本はココ、人形はココ、ブロックはココ、ミニカーはココというように分けましょう。はじめのうちは親子で、仲間同士になるおもちゃはどれなのかを話し合いながら、楽しく作業することを心がけてくださいね。

棚を使った収納

ボックスだけでなく、子供部屋の収納にはオープン棚も適しています。市販オープン棚は簡単に組み立てることができ、物をしまうのも棚に並べるだけ。扉が付いていない棚なら、片付け作業のスピードもアップできるでしょう。面倒と思う作業が少なければ少ないほど、片付けの習慣がしっかり身に付くでしょう。

子供の作品はどうする?

子供の持ち物の中で、おもちゃと並んで困るものに子供の作った作品があるのではないでしょうか。大型の棚を使って飾るのもいいですが、特に工作ものはホコリがつきやすく一つ一つ拭くのは結構大変です。せっかく子供が作ったものを捨てられない気持ちは分かりますが、子供部屋をすっきりさせるために、ここはデジカメを使って思い出として残しませんか?撮影をして、作品集を作ってみましょう!こうして、年に一度は、子供の作品の数々を整理し、本当に残しておきたいものだけをとっておくといいですよ。


PAGE TOP