寝室

家の中で一番人目につきにくい部屋は、寝室と言えるでしょう。人目につきにくく、さらに普段は夜しか使わない寝室の収納は、クローゼットや押し入れの扉を開かなければ分からないとばかりに適当に済ませていることも多いのではないでしょうか。布団の片付け方を中心に、寝室の収納術を紹介しましょう。

寝室の収納術

寝室には洋室と和室があり、ベッドで寝る人もいれば布団で寝る人もいます。洋室と和室の収納家具はそれぞれ異なります。洋タイプの寝室なら、ウォークインクローゼットを設けたり、場所を区切って収納スペースを設けることができれば理想的です。ですが、そういった収納スペースを設けれるほど、寝室が広くない場合は、引き出し付きのベッドやパイプベッドなど、ベッドの下に空きスペースがあるものを利用するといいでしょう。また、衣類や使用頻度の低い寝具などは他の場所に収納するのも一つの方法ですね。物をゴチャゴチャさせない落ち着いた空間作りが大切です。一方、和タイプの寝室は、たいてい押し入れが付いています。寝室の押し入れを使った基本的な収納術は、押入れの半分を布団収納、残りの半分を衣類などの収納スペースにするようにしましょう。

ベッド布団の扱い方

寝室にベッドを置いている場合、多くの人はベッド用のマットレスを組み合わせて使っていると思います。けれど、なかには2段ベッドや畳ベッド、または高さ調節のために敷き布団を使っている人もいるでしょう。ベッドに布団を敷いて使うときには、床に布団を敷いて使っている場合と違い、敷きっぱなしにしてしまいますよね。この敷きっぱなしで困るのが、ベッドと敷き布団のあいだに湿気がこもりがちになります。本当は毎日布団を干すことができればいいのですが、そうもいきません…。そんなときは、布団をたたんで枕元や足元のほうに寄せて、ベッドの表面に風を通してあげてください。そうすると、湿気を逃がすことができます。


また、カタチを整えやすいキルティングのカバーを利用して、たたんだ布団にかければソファーとしても使えます。ベッドの上に、くつろぎスペースが完成します!これで、ちゃんと寝室として区切られていない部屋にあるベッドでも、万年床にならずに済みます。

これでスッキリ!布団の収納術

ここで、布団の収納術を見ていきましょう。上の項目で紹介した敷き布団がソファーになる…というように、布団は立派なインテリア家具になります。そのために、ちょっと発想の転換をしてみましょう!普段は四角くたたんでいた布団を、クルクル巻いて筒状にしてみませんか?コンパクトに収納できるので、押し入れの中だけでなく、いろんな場所に収納することができますし、おしゃれなクッションにもなります! 単に押し入れにしまっておくのはもったいないので、クッションやソファー仕立てにして活用すれば便利なのではないでしょうか。持ち運びも簡単なため、寝室に限らず色んな部屋で使えますね。


ただ収納しておくにしても、筒状になった布団を立てることで、押し入れの中のスペースを広く使うことができます。布団は幅広のヒモやベルトを使って留めると、広がる心配がありません。さらに、布団用のラウンド収納ケースにいれるようにするとなお良いですね。布団派の人には、ぜひオススメしたい収納術です。一度お試しください!

その他・寝室に収納するもの

普段使いの布団や衣類のほか、寝室に収納しておいたほうがいい物を以下にまとめてみました。収納する物と出しておく物に分けて、見た目や使い勝手をよくしましょう。


衣類と区切って細かく収納したい物アクセサリー類、バッグ類など
すぐ手の届くところに置きたい物電気スタンド、時計(目覚まし時計)、電話など
他の部屋に分けて収納できる物季節用の寝具類など

PAGE TOP