生活習慣を見直そう!

上手な収納術が分からずに困っている…そんなアナタは、部屋の中を見回してみてください。物が散乱していませんか?掃除や片付けなどの面倒なことを後回しにしていると、その積み重ねで結局どう片付けていいのか、手のつけようがなくなってしまいます。生活週間を見直すことで、収納のコツが分かるかもしれません。

収納はタイミング

賢い収納術を身に付けるには、上手な整理整頓のしかたを覚えなければなりません。私自身もそうなのですが、片付けとなると大がかりになってしまうというイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。なので、今度時間のあるときにゆっくり…というように、つい後回しにしたくなってしまいますが、そんなことをしていては、一向に片付きません。収納もタイミングが大切です。1日、1週間、1ヶ月というようにタイミングを見極めたうえで無理せず、自分のペースで片付けるようにしましょう。定期的な整理整頓で室内をキレイに保つことができますよ。あらかじめ“これは毎日”“これは月に1回”というように収納計画を立てておくことをオススメします。

毎日すること

まずは、毎日しなければならない収納を考えてみましょう。毎日収納するということは、使用頻度が多いということ。人それぞれのライフスタイルによって、よく使うモノや場所は異なりますが、たとえば主婦の場合はキッチンをよく使いますね。キッチンは、どうしても細々とした調理器具などを収納しきれずにあふれかえってしまうことがよくあります。調理器具のようにほぼ毎日使うものは、使い終わる都度、いちいち収納するのは面倒です。そこで、しまいこむ収納ではなく「見せる収納」はどうでしょう?壁面の多さが特徴ともいえるキッチン。鍋などは壁に引っかけるなどの工夫をすれば、サッとすぐに取り出せて、しかもキッチンを広く見せることもできます。また、歯ブラシや洗顔フォームなども壁掛け収納にすればスッキリします。

週単位ですること

次に1週間のうち、1~2回することは何でしょう?読み終えた本や雑誌の整理、掃除機がけ(人によっては毎日する人もいますね)、洋服ダンスの整理、洗面台の掃除などもできれば週に1回はやったほうがいいでしょう。そのほか、細かいことで言えば、お財布の中のレシートの整理やバッグの中の整理など…毎日とはいかなくても、週に1~2回はやっておいたほうがいいことは結構あるものです。特に、買い物時に増えるレシートは別の封筒などに入れ1週間なら1週間保管したあと、捨てます。「平日は仕事で疲れて帰ってくるから無理」という人も、土日は必ず片付けをする!というふうに決めて、なるべく習慣化してしまいましょう。いくら週に数回すればいいことでも、先延ばしにすると溜まっていきます。整理整頓する際は“今日できることは今日のうちに”を心がけてくださいね。

月単位ですること

また、月に数回で済むこともいくつかあります。一般的なのが換気扇の掃除ですね。なかなか掃除しにくいところなので面倒ですが、ほっておくと汚れは取れにくくなってしまうので、月に1回は掃除しましょう。そのとき併せて、シンクの中やガスレンジなどをいつもより念入りに掃除するといいかもしれません。さらに、靴箱(下駄箱)の収納も気になるところです。特に靴好きの人なら、何十足と持っているでしょう。そういった靴の収納場所に困っている人も少なくないと思います。そのほか、天井のすす払いやフローリングのワックスがけ、お風呂場のカビ取りなどがあります。月に数回でいいことは忘れそうですが、上記で触れているようにきちんと計画を立てて、リストにしておけば、うっかり忘れてしまった…なんてこともなくなりますよ。


PAGE TOP