おもちゃ

子供のいる家庭では、「おもちゃ」の収納場所に悩んでいるところも多いのではないでしょうか。あまりの散らかりように、つい親が片付けたくなりますが、できるだけ子供と一緒に作業するようにしてくださいね。ここでは、子供が「おもちゃ」を楽しく収納できるような便利グッズを見ていくことにしましょう。

「おもちゃ箱」

一言で「おもちゃ箱」といっても、大きさや形状など様々な種類があります。材質も木製やプラスチック製、布製、など、バリエーション豊富です。「おもちゃ箱」として売られているものは、一般的に可愛らしいデザインが多く、子供が好むようなものが揃っています。「おもちゃ」を収納するための便利グッズとしてだけでなく、素敵なインテリアにもなります♪キャスター付きや、フタを閉めたらソファーに早変わりする…など、一石二鳥の「おもちゃ箱」もあるんですよ。子供用の「おもちゃ箱」は取っ手が握りやすくなっていたり、角が当たっても痛くないように…といった工夫が施されています。「おもちゃ箱」を購入する際は、床に置くタイプか壁掛けタイプかも含めて、中に入れる「おもちゃ」の種類なども考慮し、収納しやすいものを選ぶようにしましょう。

カラーボックス

家には適当な「おもちゃ箱」はないけれど、わざわざ購入するのも面倒…そんなときには、家に余っているカラーボックスを利用してみませんか?使い方次第に便利なグッズに大変身!中が3つくらいに仕切られているカラーボックスがあれば、それを上向きに置いて、その中に「おもちゃ」を収納するといいですよ。左端は車の「おもちゃ」、真ん中はボール類、右端は絵本などというふうに、1つのカラーボックスにきちんとグループ分けして収納することができます。カラーボックスを「おもちゃ箱」の代わりに使うことで、自然に「おもちゃ」を分類しながら片付ける習慣が身に付くでしょう。また、それぞれの場所が分かりやすいように、子供が好きなシールなどを貼ってもいいかもしれませんね。

ハンモック

子供がある程度大きくなっても、赤ちゃんの頃に愛用していたぬいぐるみを捨てられず、収納場所がなく困っている…。ぬいぐるみはフワフワしたりして安定性が悪いことで、収納のしかたによっては、どこにでも押し込めてしまうことができます。一つ一つそんなことをして、結局はみんなバラバラになって、どこに収納したのか分からなくなってしまった…よくあることです。特にぬいぐるみの収納に困ったら、ハンモックの利用をオススメします!キャンプのときなどに、衣類や道具などを入れておくミニハンモックを使ってみましょう。部屋のコーナー部分を利用して、ミニハンモックを吊るしてください。これで、収納しても、せっかくのぬいぐるみが見えなくなってしまうこともありません。ディスプレイしながら、たっぷり入れることができ、子供も大喜び♪ぬいぐるみ達も、まるでハンモックでくつろいでいるように見えます!

ウォールポケット

子供の「おもちゃ」は、ママゴトのアイテムやブロックなど結構細かい物が多いものです。そういった小さな「おもちゃ」はどうしても散らかって、なくしやすくなります。そこで役立つのが、便利グッズのウォールポケット!ウォールポケットにも色々な種類がありますが、入れた物が見える透明のモノがいいでしょう。この透明ウォールポケットもハンモックと同じように、“見せる収納”になります。可愛く、楽しくディスプレイしながら細々とした「おもちゃ」を収納していきましょう。一ヶ所にいくつも収納するわけではないので、見た目もキレイです♪もし、中身を見せたくないときは布製のウォールポケットもありますよ。また、ウォールポケットは、子供の手が届く高さに取り付けるようにしてくださいね。


PAGE TOP