靴

知らず知らずのうちに増えていってしまう靴…。靴が大好きで、たくさんのコレクションを持っている人もいるでしょうね。それらの十分な収納スペースがあればいいのですが、行き場をなくしている靴も多いと思います。ここでは、そんな靴をすっきり収納するための便利なグッズを紹介しましょう。

シューズボックス

ここに挙げるシューズボックスとは、主に下駄箱のことについて説明します。家族だけなら、多少玄関まわりの靴が散らかっていても気にはならないかもしれません。ですが、突然の来客時に慌てないよう、シューズボックスを見直してみませんか?シューズインクローゼットが設置されていなければ、シューズボックスが必要になります。少し大きめのシューズボックスなら、ブーツも数足収納できるようになっていますし、スリムタイプでも棚板を外すとブーツ1足分の収納スペースが生まれるものもあります。また、縦に長いものや横に広いものなど、形状も様々なタイプが見られます。シューズボックスは、玄関スペースや容量よく検討して選びましょう。

補助的ボックス

シューズボックスを用意しても、そこに入りきらない場合には、補助的に別のシューズボックスを使うといいですよ。使用頻度の高い靴は、かえって補助的ボックスに入れておくと出し入れがしやすくなります。半透明で手前に開くものがオススメです!さらに、できれば同じメーカーで揃えたほうが見栄えがいいですね。シューズボックスの上やその脇のスペースに、補助的ボックスを置いてください。

シューズラック

補助的ボックスと同じ役割を果たすグッズに、シューズラックが挙げられます。普段よく使う靴だけ、シューズラックを使うと立体的な収納が可能です。これなら、玄関にあって靴が見えていても大丈夫!一度にたくさんのお客さんが来たときも、大変重宝します。3段タイプで1段に2足ずつくらい収納できるものがいいですね。

Z型シューズラック

シューズボックスやシューズラックに靴を収納する際、さらにスペースを確保するために1足の靴を上下に重ねてみましょう。Z型のシューズラックを利用すると、収納スペースを無駄にすることなく、1足分のスペースに2足置くことができます。ただ、靴を出し入れするときに、すこし手間がかかるかもしれませんね。

空き箱

様々な工夫を施しても、すべての靴がおさまらない…そういった場合は、思い切って押入れなど別の場所に収納することを考えましょう。特に冠婚葬祭用や季節物の靴は、そうすることをオススメします。できれば靴を購入したときの箱に収納し、中身がわかるように靴の写真を箱の前面に貼っておくようにしましょう。こうすると、箱を積み上げておいても一目瞭然!必要な靴がすぐ見つかりますよ!また、少し大きめの箱に夏靴と冬靴を一緒に収納し、箱の前側は冬用の靴写真を、後ろ側には夏用の靴写真を貼っておく方法もあります。こうすることで、箱の数を増やさずに済みます。写真が面倒なら、ポストイットなどに「白のミュール」などと書いて貼るだけでも十分です。

シューズキーパー

靴の収納に便利なグッズとして、忘れてはいけないものがシューズキーパーになります。シューズキーパーは、靴の型崩れを防ぐためのグッズです。ブーツキーパーもあり、特にロングブーツの場合はそれがあると助かりますね。いい状態で収納しておくために、シューズキーパーを利用しましょう。また、最近は型崩れ防止だけでなく、消臭や除湿効果のあるシューズキーパーも人気があります。かわいいキャラクターが付いていたり、動物をかたどったり…デザイン性の優れたものも多いので、ちょっとしたインテリアになって、玄関まわりを素敵に演出します!


PAGE TOP